※今回のブログは、まだ結果を出していない初心者の人に向けて書いています。

特に月5000円以上稼いでいる上位5%の人は、読まないでください。

 

 

 

 

ブログ界の巨匠である水野敬也さんがブログを更新していたのですが、

そのことについて今日は話したいと思います。

 

 

普段はおちゃらけているこの人でも、

真面目な文章を書くときは本当にタメになります。

 

 

文章を書く立場に携わっている人はすべて、

この人のブログを一度すべて読むことを強くおすすめします。

 ⇒水野敬也のブログ

 

で、今回ブログに書かれていた内容は

『天才の倒し方』について。

 

 

要約すると、

 

 

天才というのは『プロセス(段取り)を飛ばすことができる』

という能力を持っており、

 

 

いきなりしゃべって、面白い

いきなり歌って、うまい

いきなり書いて、分かりやすい

 

 

普通の人が一歩一歩進んでいくところを、いきなりゴールまで行くことができる、それが天才と呼ばれている。

 

 

そして、我々凡人は、その段取りをしっかりと見つめ改良に改良を重ねることで、

天才が9割までしか進めないところのその先まで進むことで、

天才を打ち倒すことができる。

 

 

これらが天才の倒し方だが、

我々凡人は、天才を見ると高揚するものの、

凡人を見るとガッカリしてしまうという性質を持っている。

 

 

そのため、『凡人が天才を倒す』という方法は、

天才を凡人たらしめる行為なので、多くの人に望まれていない。

 

 

 

―――以上が要約です。詳しくは本文に書いてあるのでそちらを読んでください。

⇒天才の倒し方

 

 

で、これに対する僕の意見を、

ネットビジネスという視点を加えて話していきたいと思います。

 

 

ネットビジネスの業界では、『天才』と呼ばれるタイプの人がたくさんいます。

トップアフィリエイターなどがそうです。

 

 

多くのサラリーマン、主婦、学生などが挑戦したネットビジネスの業界で

いち早く成功を収め、しかもその成功をずっと維持し続けている人たちのことです。

 

 

彼らは『努力した記憶がない』と言わんばかりの口調で、

ネットビジネスの稼ぎやすさを力説してくれます。

 

 

1日30分の作業で・・・

たった1通のメールで○○万・・・

ほったらかしでウン千万・・・

 

 

こういった言葉を見たことがある人がほとんどだと思います。

 

 

ただ、その言葉を信じてこの業界に入ってきたものたち・・・

その人たちからは

『ネットビジネスで稼ぐのはめちゃめちゃ難しい』

という声が聞こえてきそうです。

 

 

現に、月5000円以上稼いでいるアフィリエイターは

業界のたった5%しかいないというデータがあるわけです。

 

 

社会で活躍してきた人たちでさえ稼ぐことができていないのですから

やはりトップに君臨している人たちは『天才』と言うしかないでしょう。

 

 

天才は、プロセス(段取り)を飛ばして結果を出すことができる。

 

 

つまり、社会人達が汗水垂らして稼いでいるお金を

 

 

やれ自動だったり、

やれ1通のメールで数百万だったり、

やれ1日30分の作業で年収1000万だったり

 

 

完全にプロセスをぶっ飛ばしまくりの稼ぎ方をしているのですから、

『お金を稼ぐ』という点に関していえば

トップアフィリエイターは全て『天才』と言うことができます。

 

 

じゃあ、まだ稼げていない、我々凡人はどうしたらいいのか?

 

 

という疑問が出てきます。

 

 

この問いに関する答えを上記のブログ記事的にいうとこうです。

『成果物を出し、お客さんに○×を付けてもらい、改良に改良を重ねる』

 

 

↑これに集約されてしまいます。

 

 

つまりネットビジネスでやっていることを愚直に続けていくしかありません。

・ブログ記事をアップロードし、反応を取る

・アクセス解析を分析し、対策を練る

・メルマガを配信し、レスポンスを貰う。

 

 

マーケティングで行われている基本的な手法とほとんど同じです。

ただ、一点だけ違うのは、『お客さんは成果物を判断するだけ』ということです。

 

 

(マーケティングの手法でリサーチというものがありますが、

リサーチはお客さんに欲しいものを聞いてまわるというものです。

これをやってしまうと、完璧な作品が完成しません。

お客さんは、何が欲しいのか自分で判断できないからです。

『お金が欲しい』という短絡的な答えを出すことはできますが、

お金を手に入れた先の未来は千差万別で、明確な答えは絶対にわかりません)

 

 

話を戻しましょう。

 

 

つまり、私達が天才と呼ばれるトップアフィリエイターに勝つためにやるべきこととは

 

 

成果物を投下し、ひたすら改良に改良を重ねる

 

 

↑これだけしか残されていません。

 

 

世の中に出していない文章、作品があるのなら

出来る限り出していき、それに改良を重ねていく・・・

 

 

この作業をひたすら繰り返すことが必要です。

 

 

その作業は苦しいし、相当な覚悟が要ります。

でも、成功を信じてひたすら努力するしかありません。

 

 

それが唯一、天才を倒す方法なのです。

 

 

――――と、ここまでがブログの主旨から見たネットビジネスの勝ち方です。

 

 

ただ、いまのネットビジネスの業界に当てはめて考えてみたのですが

 

 

非常に重い問題が出てくることがわかりました。

 

 

その問題はとてつもなく深く、

この業界においては『凡人の初心者』を絶対に勝てなくさせる仕組みが入っていることを教えてくれました。

 

 

参入者の95%の人が勝てない、根本的な原因となっているように思えました。

 

 

それは、ネットビジネスの絶対的な秩序である

“流行の移り変わりがめまぐるしい”

というのが関連しています。

 

 

ネットビジネスという業界は、流行の移り変わりが激しいです。

つまり、半年前に稼げていた手法が、すぐに陳腐化して

稼げなくなってしまうという現象です。

 

 

PPCの隆盛期を見てもらえばわかると思いますが、

あの頃に稼げていた月収100万プレイヤーは、

いまではほとんどがいなくなってしまっています。

 

 

サイトアフィリやトレンドアフィリ、Twitterアフィリでも同じです。

当時稼げていた人たちは、いまでは違うビジネスをしているか、

もしくはいなくなっているかのどっちかです。

 

 

要するに、

ネットビジネスの業界では、凡人がコツコツ改良を重ねて稼げるようになった手法が、ある日いきなり使えなくなる危険

を孕んでいると言えます。

 

 

必死に改良に改良を加え、稼げるようになったサイトが

Googleのペナルティをくらって沈没したという話は何度も耳にします。

 

 

つまり、どういうことが言えるか?

 

 

ネットビジネスは、天才型しか生き残れない

 

 

↑これが真実であると言えます。

 

 

新しい流行に飛び付き、うまくやっていくことができる人。

これが安定的に稼いでいく人であり、

大きく稼いでいくことができる人です。

 

 

そこに、『凡人の初心者』が入り込む余地はありません。

流行に乗ってもすぐに振り落とされるし、

稼げるようになる頃には流行が去ってしまうからです。

 

 

ほとんどのトッププレイヤーは、

そのことを意識的にも無意識的にも分かっています。

 

 

その上で、『初心者でも稼げる』という言葉を発しているのです。

 

 

そういった意味では、トッププレイヤーは『性格の悪い天才』であると言えます。

「え、何?そんなこともできねーの?」

とか言ってくる、一番ムカつくやつですね。

 

 

コツコツ改良を加えてしか進めない凡人にとって、

一気に結果を出すことができる人は雲の上の存在に見えるでしょう。

 

 

しかし、天才にとって凡人は

「なんでこんな簡単な稼ぎ方で稼げねえんだ?」

くらいにしか思っていないです。

 

 

――――じゃあ、僕たちが「天才を倒す」ためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

ここまで読むと、ほとんど絶望的だと思うかもしれません。

 

 

移り変わりが激しいネットビジネスの業界では、

天才が凡人に勝つ方法は無いに等しいのです。

 

 

しかし、

ただひとつ。

たったのひとつだけ、凡人が天才に打ち勝つ方法があります。

 

 

たったひとつというと語弊が生まれますが、

この考え方を持ち、ひたすら努力を重ねることで

凡人でもこの業界で天才を打ち倒すことができるのです。

 

 

決して楽な方法ではありませんが、

僕らが天才を倒すためにはこれしかありません。

 

 

その方法とは

『ビジネスの原理原則を徹底的に磨く』

ということです。

 

 

つまりどういうことかと言うと、

ビジネスの原理原則

―例えばコピーライティングやマーケティング、マインド、デザイン、人間の行動原理

 

 

をひたすら勉強し、学び、実践し、研磨していくということです。

 

 

ネットビジネスの業界は移り変わりが激しく、

昨日の流行は今日の古いノウハウとして扱われます。

 

 

しかし、そんな中でも『ビジネスの原理原則』

は絶対に変わりません。

 

 

人はどういったときに感動し、どういったときに商品を買うのか。

 

 

その原理は人間が進化しない以上ずっと変わらないからです。

 

 

『人の感情を揺さぶる方法』

がコピーライティング

『人をたくさん吸い寄せる方法』

がマーケティング

『自分の思いとおりに結果を出す』

がマインド

『人が感動する外観』

を磨くのがデザイン

『人を行動させる方法』

が行動学

 

 

といったように、流行が変化しても変わらないものがあります。

それがビジネスの原理原則です。

 

 

私達凡人は、天才に打ち勝つために天才以上の

『ビジネスの力』

を身に付ける必要があります。

 

 

それこそ、何度も改良を重ねて、天才のビジネス力を上回る必要があります。

 

 

最初は、結果が出ません。

ビジネスの力を付けるのには時間がかかるからです。

 

 

でも、それこそ半年、1年、10年と努力を続けていくことによって

いつの日か必ず、天才を上回るときがやってきます。

 

 

そのときには、あなたは誰にも負けないいわゆる『天才』となっているのであり、

それは努力をして得ることのできた『最強の天才』となっているはずです。

 

 

天才は流行に乗って結果を出していき、

つまずくときがくるかもしれませんが

 

 

あなたは自分で必死に磨いて手に入れた

『ビジネスの原理原則』

を使って、安定した絶対的な成功を掴むことができます。

 

 

そしてもしかしたら、いま稼ぐことのできているトップアフィリエイターはその努力をしてきたのかもしれません。

しかし、もしそうなら『楽に稼げる』なんて言わないはずです。

 

 

凡人であり、その上で努力を重ねてきた人は、

その努力の必要性を説いてくれると思います。

 

 

天才型の人をメンターに選ばないようにしましょう。

その人は凡人のあなたとは違う方法で成功しています。

その道のりが参考になることはありません。

 

 

だから、せめてあなたのメンターとなる人は

『楽に稼げる』

なんて言わない人であって欲しいと思います。

 

 

・凡人はビジネスの原理原則をひたすら磨く必要がある

・天才型ではなく凡人型のメンターを見つけ、教わる

 

 

このことを徹底していってほしいです。

 

 

それが凡人型の私たちが天才を倒す方法であり、

このネットビジネス業界であなたが成功するための絶対条件となっています。

 

 

有料級プレゼント付きメール講座はコチラ↓↓

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓